オンラインサロン《ItalyArtいたりあーと第2集》

  • HOME »
  • オンラインサロン《ItalyArtいたりあーと第2集》

2020年秋にオープンしたオンラインサロン《ItalyArtいたりあーと》
第2集ー美術で巡るイタリアの旅が2021年11月15日から始まります!

こんなご時世ですが、次回のイタリア旅行の前に、皆様と一緒にオンラインでイタリアを回りましょう!
アートや建築、町を通して見えてくるイタリア。少し知識が増えると世界の見え方も変わり、目と心の保養にもなる芸術に触れる少し贅沢な時間オンラインサロンItalyArtで皆様をお待ちしております。

今年は絵画専門の森泉女史と建築専門アンナブルーナ女史を講師としてお迎えしました。
リアルタイムで参加型のオンラインサロンItalyArtですので、皆様からのご質問にも森泉女史とアンナブルーナ女史がお答えしますよ。
絵画や建築の見方に規則はないのですが、情報や知識が加わると、より楽しく、面白く見ることができること間違いありません!
全講座日本語通訳付きですし、リアルタイムで受講が難しい方は、動画をご覧いただけますので、ぜひお気軽にご参加ください。

いたりあーと第1集についてはこちらからどうぞ
アンナブルーナさんと森泉さんの略歴

。。。。。。。。。。。。。。。。

《ItalyArtいたりあーと》第2集ー美術で巡るイタリアの旅
開催曜日ー月曜
開催時間ー日本時間20時~90分

①2021年11月15日ーFIRENZE
フィレンツェとウフィッツィ美術館: 美術館事始め
ウフィッツィ美術館は世界で最も有名な美術館の一つ。そもそも美術館や博物館はどういう経緯を経てヨーロッパで生まれたのでしょうか。
ボッティチェッリやレオナルドの大傑作を含むメディチ家のコレクションを例に探ってみましょう。

②2021年12月6日ーMILANO
ミラノのスカラ座とイタリア風劇場の歴史 
スカラ座でのオペラ・シーズン開始を記念し、ルネッサンスの時代に古代ギリシャやローマの野外劇場に想を得て徐々に発達していった「イタリア風劇場」の歴史に迫ります。

③2021年12月27日ー BOLOGNA 
天まで届く柱廊の街、ボローニャ
中世の面影をそのまま残す大学都市ボローニャは、「ポルティコ」と呼ばれる柱廊が街全体に統一感を与えています。
2021年7月末にはUNESCO世界遺産に認定されたボローニャを例に、イタリアの歴史的都市を読み解くための要素を見ていきましょう。

④2022年1月17日ーASSISI
聖フランチェスコのヴィジョンと修道院の世界
イタリアの守護聖人、聖フランチェスコを産んだアッシジは聖フランチェスコ修道会の総本山です。
聖フランチェスコはどのようなヴィジョンを元に自分の運動を開始したのでしょうか。聖フランチェスコを称えるため、アッシジに花開いた芸術や修道院の構造を見ていきます。

⑤2022年1月24日ーROMA
ローマのタイムエレベーター、聖クレメンテ教会
現在のローマの街は実は2,700年の歴史が20メートル分堆積した表面に建てられています
この講義では、そうした歴史の層を下っていくという体験のできるコロッセオ近くの聖クレメンテ教会を探検しましょう。

⑥2022年2月14日ーMODENA
モデナの大聖堂とイタリアン・ロマネスク
モデナの大聖堂(UNESCO世界遺産)はイタリアのロマネスク教会の中で最も代表的なものです。
字の読めなかった民衆のための「聖書」としての役割を果たしていた浮彫装飾の解読を含め、イタリアのロマネスク建築の特徴を学びましょう。

⑦2022年3月7日ーMATERA
マテーラ探検:洞窟住居都市の秘密
イタリア南部、バジリカータ州のマテーラは、映画のロケ地としても有名な、深い谷間にできた不思議な街です。建物のファサードを取り払うと中は洞窟。この講義では魔法の要素を残すイタリア南部の世界を訪れます。

⑧2022年4月4日ーPIENZA
ルネサンスの理想都市、ピエンツァ
ルネッサンスの時代はアーバン・プラニング、つまり都市計画が再開された時代です。
人文主義に通じたこの時代の権力者たちは画家や建築家たち とどのような都市を理想としていたのでしょうか。
法王ピオ2世の理想都市、ピエンツァを例に探っていきます。

⑨2022年4月18日ーVENEZIA 
ヴェネツィアの信徒会と霊験あらたかな十字架の物語
海の都、ヴェネツィアにはSCUOLA,つまり聖人の名前のついた「学校」が点在しています。それはどんなものだったのでしょうか。現在アカデミア美術館に展示されている「十字架の奇跡」のシリーズを通してルネッサンス時代のヴェネツィアを訪れてみましょう。

⑩2022年5月9日ーTIVOLI 
水戯れるティヴォリのエステ家別荘庭園
無数の美しい噴水で知られるティヴォリのエステ家別邸とその庭園は、ルクレツィア・ボルジャの息子、イッポリート・デステ枢機卿が当時の知識人や建築家たちと考え出した豪華なエンターテインメント施設。この庭園はどのようにデザインされたのでしょう。
ちょっとしたバーチャルツアーを楽しみましょう。

⑪2022年5月30日ーROMA ARCHEOLOGICA
古代ローマのカントリーハウス・デザイン
ルネッサンス時代に多くのインスピレーションを与えた古代ローマ時代のVILLA(別荘)はどんなものだったのでしょうか。
ポンペイ、エルコラーノ、オプロンティスやローマに残る素晴らしい例を見ながら、その構造と内装に関する知識を深め、好みのデザインを選び出してみましょう。

◆参加費◆
⓵全11回講座パック税込30,250円(税無27,500円) 1講座あたり税込2750
⓶1講座単位税込3500円でお好きな回のみの参加もお受けしています。
分割払い可能
全講座通訳付き
当日に参加できない方には動画をお渡ししております

◆お申込みフォーム◆
こちらから必要事項にご記入の上、送信をお願い致します

イタリア好き、イタリア文化大好きな皆様のご参加をお待ちしております!!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。