Il mio corpo di pianista- 機能解剖学からみるピアニストとしての私の体

  • HOME »
  • Il mio corpo di pianista- 機能解剖学からみるピアニストとしての私の体

これまでに約90名の方に受講いただいております 《Il mio corpo di cantante 歌手としての私の体全24回コンテンツ》のピアニスト版
《Il mio corpo di pianista ー機能解剖学からみるピアニストとしての私の体全24回コンテンツ》を2021年1月7日から開講いたします!
講師は、音楽家のための解剖学専門家
大阪芸術大学非常勤講師(解剖学講義:年間90コマ135時間)
アメリカ人体解剖研修(2014〜2019年 5年連続200時間超参加)
理学療法士(臨床経験19年)
バリトンサックス奏者(現役ビッグバンド奏者の
山本篤先生です。

講義タイトルにありますように、この講座ではピアニストの体を機能解剖学から知っていただく全24コースとなっております。
腕の脱力って一体どういうこと?そしてどうなっているの?
腕の土台を支える場所はどこ?
ピアノの椅子と上半身の関係は?
自由な首の動きの大切さ
しなやかな手首の動き
指にかかわる筋肉のネットワーク
腕の土台の肩甲骨のふるまい
掌の向きを決める土台は?
ピアノ演奏と呼吸
ペダリングにかかわる筋肉
ピアニストのためのエクササイズ
手首や腰が痛いときの原因は?そしてどう対処すればよいの?
演奏映像を見ながら体のエラーを読み取り、その改善点を検証しよう
ビジョントレーニングとは
等々、
ピアニストとしての身体を知ることは、山本篤先生がおっしゃっているように、『演奏にプラスとなる身体の機能を無理なく引き出し、本来皆様がお持ちの演奏運動能力を取り戻す』事へとつながります。
○○派奏法、○○メソッドではなく、皆様がピアノを弾いているときに、一体何が身体に起っているのかを、科学的に一緒に学びませんか?
毎週の講義に参加できなくてもご安心を。
毎回講義動画をお渡ししておりますので、ゆっくり復習ができますよ!

◆日程◆
2021年1月7日スタート
毎週木曜日20時~60分(座学50分と質問タイム10分)
1月7,14,21,28
2月4,11,18,25
3月4,11,18,25
4月1,8,15,22,29
5月6,13,20,27
6月3,10,17
(注)山本篤先生が解剖研修のためにアメリカへ行かれる場合、6月の講義日に若干の変更がございます

◆コースの特徴
講義前にレジュメをお渡ししますので、予習が可能。
講義後はビデオをお渡ししますので復習が可能
講義が終われば全24本の教材ビデオがお手元にあることになります!!
質問タイムがあるので講義参加がお得。
当日に取り上げ切れなかった質問、復習中にでてきた質問にはメールで対応
参加できない日には、後日ビデオをお渡しします。

◆費用
合計24回講義38,640円(税抜34,776円)
1回1時間の講義がたったの1,610円(税抜1449円)

◆お支払い方法◆
一括/分割2回/分割3回
学生、28歳以下の方は
毎月払い(毎月7,728円)
も可能です

◆募集人数
2021年1月7日開講コース20名限定

◆お申込みフォーム
お申込みはこちらからお願いいたします

0
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。