機能解剖学から学ぶピアニストとしての私の体Q&A

  • HOME »
  • 機能解剖学から学ぶピアニストとしての私の体Q&A

少しでも皆様のお役に立てればと思い、《機能解剖学から学ぶピアニストとしての私の体24回シリーズ》受講生から頂いた質問とその回答をこちらに共有させて頂きます
回答は全て当コース講師山本篤先生から頂いております。
ありがとうございます<(_ _)>

ピアノの椅子にはどこをどのように動かして座るのがいいのでしょうか?
骨盤を動かすと腰椎も動きますか?
●尾骶骨の場所を確かめる方法とストレートネックについて

●座っているとお尻が疲れてきます。改善方法はありますか?
●自分の第7頸椎がわかりにくいのですが・・・
●私は目が悪いのでついつい顎が上がってしまいます。頭のあるべき場所の目安を教えてください

●なぜ方形回内筋が頑張り過ぎると手首が反るのでしょうか?
●手首や指を動かす多くの筋肉は、尺骨の位置および前腕の回内の度合いによって、どのような影響を受けますか?
●長いトリルを弾く時の筋肉の状態、また出来るだけ速く弾くには?

●和音(三和音以上)の連打の時の効率的な筋肉の使い方について
●椅子の高さとピアノと椅子の距離がわかりやすくなる計算式はありますか?
●仕事をするときに背もたれにもたれたまま座っていていいのかむしろピアノ椅子に座った方が良いのか?

●母趾、長趾、小趾、それとも 母指、長指、小指?
●横隔膜脚の大きさの違いは何が基になっているのでしょう?
●オクターブを練習した後のストレッチ

2本の指を使って全ての方向を見る訓練の方法について

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。