機能解剖学から学ぶ弦楽器奏者としての私の体オンライン講座

  • HOME »
  • 機能解剖学から学ぶ弦楽器奏者としての私の体オンライン講座

これまでに100名以上の方に受講いただいております 《Il mio corpo di cantante 歌手としての私の体全24回コンテンツ》の弦楽器奏者版
オンラインで学ぶ機能解剖学からみる弦楽器奏者としての私の体全24回コンテンツ》を開講いたします!

限定20名ー受講生募集中(残枠4名ー4月5日時点)
🎻2021年4月14日スタート 毎週水曜日21時15分から22時15分🎻

講師は、音楽家のための解剖学専門家
大阪芸術大学非常勤講師(解剖学講義:年間90コマ135時間)
アメリカ人体解剖研修(2014〜2019年 5年連続200時間超参加)
理学療法士(臨床経験19年)
バリトンサックス奏者(現役ビッグバンド奏者の
山本篤先生です。

講義タイトルにありますように、この講座では弦楽器奏者としての体を機能解剖学から知っていただく全24コースとなっております。

肩甲骨の動きは?
しなやかなボウイングを生み出す肩の関節の動き
演奏しやすい手の状態を生み出そう
フィンガリングの仕組みを理解しよう
演奏姿勢を思い通りに動かす背骨の全体の動き
頭の重さで腕が動かしやすくなる!
立奏での唯一の土台、足の裏の動き方
呼吸の動き
ヴァイオリン、ヴィオラ演奏者の全身の動き
チェロ奏者の全身の動き
コントラバス奏者の全身の動き
演奏前後のエクササイズ
等々

弦楽器奏者としての体を知ることは、山本篤先生がおっしゃっているように、『演奏にプラスとなる身体の機能を無理なく引き出し、本来皆様がお持ちの演奏運動能力を取り戻す』事へとつながります。
○○派奏法、○○メソッドではなく、皆様が楽器を弾いているときに、一体何が身体に起っているのかを、科学的に一緒に学びませんか?

毎週の講義に参加できなくてもご安心を。
毎回講義動画をお渡ししておりますので、ゆっくり復習ができますよ!

◆日程◆
②2021年4月14日スタート

毎週水曜日21時15分~22時15分(座学50分と質問タイム10分)
4月14,21,28
5月5,12,19,26
6月2,9,16,23,30
7月7,14,21,28
8月4,11,18,25
9月1,8,15,22
(注)講義日に若干の変更がある場合がございます。
ご理解いただけますようお願いいたします

◆コースの特徴
講義前にレジュメをお渡ししますので、予習が可能。
講義後はビデオをお渡ししますので復習が可能
講義が終われば全24本の教材ビデオがお手元にあることになります!!
質問タイムがあるので講義参加がお得。
当日に取り上げ切れなかった質問、復習中にでてきた質問にはメールで対応
参加できない日には、後日ビデオをお渡しします。

◆費用
合計24回講義38,640円(税抜34,776円)
1回1時間の講義がたったの1,610円(税抜1449円)

◆お支払い方法◆
一括/分割2回/分割3回
学生、28歳以下の方は
毎月払い(毎月7,728円)
も可能です

◆募集人数
2021年4月14日開講水曜コース20名限定(残枠4名ー4月5日時点)

◆お申込みフォーム
お申込みはこちらからお願いいたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。