Le Museオンライン

  • HOME »
  • Le Museオンライン

インターネットの普及により世界の様々な情報を入手することが可能になり、近年の通信速度の高速化と大容量化は、スマートフォンやタブレットの大衆化と重なり、音楽、映像のメディア機能、検索などの機能も、一つの端末でいつでもどこでも得られるようになりました。
これを利用しない手はない!
ということで、一般社団法人Le Museは、日本にいながら、イタリア、ヨーロッパ在住の講師と勉強ができるOnlineレッスンも提供させていただく運びとなりました。
一対一の個人レッスン、家で勉強仲間を集めて、会場を借りてより多くの方にと、遠隔レッスンの形式は多種多様、今までイタリア、ヨーロッパに来なければ受けられなかった内容の授業を、これから随時Le Museオンラインレッスンでご提供させていただきます。
全てのレッスンは一対一の個人レッスン家にお友達を集めてオペラ団体グループの練習時に等、安定したネット環境とPC、スマホ、iPhone、tablet、iPadがあれば可能なオンラインレッスンです。
また、皆様からの
『こんなレッスンしてほしい』
『xx講師のあの講義は聞けないの?』
などのご要望もお待ちしております。
皆様とご一緒にLe Museオンラインレッスンを発展させていただければ幸いです。

Le Muse Onlineその1ーボスキ先生(オペラ台本解釈)
対訳のみに頼らないアリア、歌曲を言葉からダイレクトに読み込み、
表現に繋がる言葉と音楽の融合を目指します

Le Muse Online その2-エリザベス先生( 声楽個人レッスン)
言葉できちんと説明してくれるので、必ず今までの疑問点の解決策がみつかります
Onlineレッスンの特徴で、映像を見ながら、より自分の体の感覚に集中したレッスンになります

Le Muse Online その3ー解剖学から学ぶ音楽家の身体
人体生理学に沿った歌うための、ピアノ演奏のための身体の機能を、一度ここではっきりと一緒に学びませんか?
動く場所、動かない場所、必要な筋肉などが分かるだけでも、歌うため、ピアノを弾くための体の機能がはっきりしてくることでしょう。
Il mio corpo di cantante歌手としての私の身体
Il mio corpo di pianistaピアニストのための解剖機能学

◆Le Muse Online その4ーオンラインサロン
《エリザベス先生聞いてみよう》
不定期開催ですが、歌う上での疑問をエリザベス先生にお聞きするオンラインサロン
《パッサッジョについてきいてみよう》《年齢や生理現象による女性の声の変化》《エリザベス先生が行う発声練習は?》
など、毎回テーマを決めて行っています。

《エリザベス先生と山本篤先生による歌の芸術と解剖学から見る声》
オペラ歌手の声をArte( 芸術)=エリザベス先生と当法人企画《歌手としての私の体24回コース》講師でMerge labo代表山本篤先生=Scienza( 科学)の分野から見ていくオンラインサロン。芸術と解剖学の専門家が同席するオンライン勉強会はここだけ!

《Voskobojnikovピアノオンラインサロン》
ピアノに関わっているの方なら、リヒテルそしてギレリス、ラド・ループの先生でもあったゲンリヒ・ネイガウスの名前はどこかで一度は聞いたことはあるでしょう。ショパン国際コンクールで優勝したスタニスラフ・ブーニンのおじいちゃん、そして教育者として有名で、日本でもネイガウス著『ピアノ演奏芸術~ある教育者の手記』が音楽之友社から出版されていますよね!
最近よく ロシア・ピアニズム、『ネイガウス流派』については、様々なサイトや本で読むことができるので、ここではロシア奏法について特別には取り扱わず、実際に7年間ネイガウスの弟子であった、Valerij Voskobojnikov ヴァレリー・ヴォスコヴォニコフ先生に、ネイガウスについて、当時の様子、実際にネイガウスからレッスンを受けた人のみ知ることなどについて、生の声を語っていただくオンラインサロンを開催します!!
これはすごいことだと思いますよ~!

◆Le Muse Onlineその5-イタリア語を学ぼう
ローマにある語学学校Romitと提携し日本に居ながら受けられる、イタリア語学オンラインレッスンコースを開講。講師はもちろん全員イタリア人で、外国人にイタリア語を指導する資格所持者です!

Le Muse Onlineその6-森田学先生による《歌うためのイタリア語韻律コース》
自分たちが歌うテキストを分析できる力をつける!を講座の目標にした《歌うためのイタリア語韻律コース初級編》
1時間×2コマを1回とし、全3回(6回の講義)、2コマのうち前半を理論説明、後半を実際にやってみる(数えてみる)内容になっています。

◆Le Muse Onlineその7-オペラ台本講座
翻訳や音楽から感じられるものだけを基にした表現ではなく、作品の本質を捉える、言葉から読み取る登場人物像、原詩がもつ言葉のリズム、などが見えてきたらもっと歌いやすくなり、表現したいことがどんどん溢れてくるはずです。この講座では言葉から作品の理解を深めていく内容になっています<

◆Le Muse Onlineその8イタリア芸術を取り上げた《オンラインサロンItalyArtいたりあーと》
11月15日から始まる8回講座のオンラインサロンItalyArtの幕開けにふさわしい8つのテーマ、画家を選び、皆様のご自宅へイタリア芸術をはじめ、イタリア人の『心・精神』も一緒にお届けいたします。
アートを通して見えてくるイタリア、少し知識が増えると世界の見え方も変わり、目と心の保養にもなる芸術に触れる少し贅沢な時間オンラインサロンItalyArtで皆様をお待ちしております。

💮オンラインレッスン聴講生も募集しています

オンライン聴講生募集概要

ご質問などはお気軽にinfo@lemuse.or.jpまでお願いいたします。

0

Le Museオンライン

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。