《Il mio corpo di cantante 歌手としての私の体》オンラインコース

Il mio corpo di cantante(歌手としての私の体)と題したオンラインコースを開講
第1グループ6月2日スタート 火曜日コース満席
第2グループ6月25日スタート木曜日コース満席
第3グループ7月12日スタート日曜日コースも満席となりましたが追加で10枠を募集いたします!!

人体生理学に沿った歌うための体の機能を、一度ここではっきりと一緒に学びませんか?
歌に関する様々な疑問をまずは座学で勉強し、それをエリザベス先生のレッスンで実際に音と体で確認していくことで、上達のスピードも上がり、そして何より歌のテクニックへの迷いが少なくなります!!動く場所、動かない場所、必要な筋肉などが分かるだけでも、歌うための体の機能がはっきりしてくることでしょう。
1週間に1回、どうせやるならきちんと学ぶ方が良いと思い、期間は長いです(約6カ月)
ですが、ご安心を。
もし講義に参加できない日があっても、ビデオをお渡しします。

私は、小学校高学年時にある先生に呼ばれて言われた言葉を今でも覚えています。その時は突然に何なんだろうという感じでしたが、今は本当にその通りだと思います。
『これからいろいろな財産と出会っていくでしょう。その中の一つである知識、経験という財産も大切にしていきなさい。それを他の人に与えても減ることもなく、益々増えていくから。それから、贅沢とは時間があることなんだよ。そして出来るだけ自分で「選択」していける環境をつくりなさい』

話がそれましたが、xxメソッド、○○発声法でなく、科学的根拠=体から歌の表現とテクニックの可能性を広げる《Il mio corpo di cantante》 を一緒に勉強しましょう!

《Il mio corpo di cantante オンラインコース》

◆講師名 山本 篤先生
大阪芸術大学非常勤講師(解剖学講義:年間90コマ135時間)
アメリカ人体解剖研修(2014〜2019年 5年連続200時間超 参加)
理学療法士(臨床経験19年)
バリトンサックス奏者(現役ビッグバンド奏者)

◆日程
①2020年6月2日~12月1日まで 満席となりました。ありがとうございます
毎週火曜日 20時から21時 (50分座学、10分の質問時間)

②2020年6月25日~12月24日
毎週木曜日 20時~21時_(50分座学、10分の質問時間)こちらも満席となりました。ありがとうございます

2020年7月12日~2021年1月10日(50分座学、10分の質問時間)残枠1名!!
毎週日曜日 20時から21時(50分座学、10分の質問時間)
注)10月は山本先生がアメリカに研修に行かれる予定で、10月の講義回数に変更がある場合があります。それに伴いコース終了が2021年1月17日となります。
追加募集に伴い、質問タイムで全ての質問を取り上げることができませんこと、ご了承ください

◆お申込みフォーム

Le Museレッスンカレンダー

◆コースの特徴
講義前にレジュメをお渡ししますので、予習が可能。
講義後はビデオをお渡ししますので復習が可能
講義が終われば全24本の教材ビデオがお手元にあることになります!!
質問タイムがあるので講義参加がお得。
参加できない日には後日ビデオをお渡しします。

◆費用
合計24回講義38640円(税抜き34776円)
1回1時間の講義がたったの1610円(税無1449円)
◆2020年声楽マスタークラス2日間、4日間コース受講生は10%offです

◆お支払い方法◆
学生、28歳以下の方は
毎月払い
7月~12月まで毎月6,440円
も可能です

◆募集人数
6月2日開講コース20名 満席
6月25日開講コース20名 満席
7月12日開講コース30名 残枠6名

◆内容
呼吸について
肋骨の形が崩れると呼吸にとってダメな理由
肺のふくらみを上手に導くには
横隔膜のパートナーの筋肉は誰でしょう
横隔幕の動きの足場を触りましょう
腕が力むとブレスが制限されますよ
演奏姿勢と骨盤底筋群 等々

喉について
頭はどこから動かせる?
口の全体の作り
口の中の動く天井
喉の奥を自在に動かそう
喉の周りには何があるのか?等々

声を創る仕組みについて
ノド全体を見てみよう
声帯そのものの動き方
声帯のふるまいを変える骨
複雑にノイズを混ぜる
舌と喉を繋げる柔らかい床
等々

 

 

3+

Le Museオンライン

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。