Luca Gorla


イタリアミラノ出身。
ヴェローナ音楽院、ミラノ大学文学部卒業。
ストレーザ国際音楽コンクール優勝をきっかけにC.ベルゴンツィ、R.テバルディ、L.ゲンチェル、M.オリヴィエ―ロ、M.フレーニ、M.デヴィーア、L.セッラ、R.ヴァルガスなど著名歌手の伴奏、コレペティトールとしてキャリアを積む。ベルカントオペラ評論家第一人者R.チェレッティと指揮者A.ゼッダのもとでアシスタントを務め、ローマ歌劇場、トリノ王立歌劇場、カルロ・フェリーチェ劇場、コンセル卜へボー、ロッシーニオペラフェスティバルなど数多くの劇場、音楽祭に招聘される。
Sony Classical, Deutsche Grammophonなどレコードレーベル、イタリア内外のエージェントからの信頼も厚く、アドヴァイザーとしてE. ガランチャ、J.D.フローレスを始め歌手のレパートリ指導にあたっている。
指導者としての評価も高く、アカデミア・ヴェルディアーナ(ブッセート)、アカデミア・ロッシニアーナ(ペーザロ)、アカデミア・スポンティーニ、ティルブルク音楽院、オランダ、ベルカント・サマースクール, AsLiCoなど多くの教育機関でコレペティを務める。
1993年~2004年までオランダ・ドルトレヒトベルカント音楽祭の芸術監督を務め、現在は指揮者F.ルイージと共にヴァッレイトリア音楽祭(マルティーナフランカ)で若手歌手育成に力をいれている。
ミラノ市立音楽院教授

0
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。