喉は神経頭蓋からぶら下がっていましたが、この部分は後頭骨になるのでしょうか?

  • HOME »
  • 喉は神経頭蓋からぶら下がっていましたが、この部分は後頭骨になるのでしょうか?

【質問】
喉は神経頭蓋からぶら下がっていましたが、この部分は後頭骨になるのでしょうか?

【回答】
喉は後頭骨(こうとうこつ)および蝶形骨(ちょうけいこつ)からぶら下がっています。
ご参考までに、ぶら下げている構造物のひとつとして、咽頭縫線(いんとうほうせん)が挙げられます。この縫線は、咽頭の左右の筋肉を、咽頭の背中側の真ん中でつなぎとめる役割も担っており、さらに咽頭の極度の変形を抑えています。
この点からも、「ノドを上下に開いて」「ノドを後ろに開いて」といった指導文言は、咽頭縫線を意識させるためには有効と考えられます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。