肩甲骨の動かし方はピアニストも同じですか?

  • HOME »
  • 肩甲骨の動かし方はピアニストも同じですか?

【質問】
肩甲骨の動かし方はピアニストも同じですか?
肩甲骨を寄せるために広背筋が短くなり、そのために腕はいったん手のひらを外側にみせる状態になる、イコールこれは骨格標本のとおりの位置と以前聞いたことがありますが、この状態だけでは広背筋を短く固めてしまうから、両手をみぞおちあたりで軽く合わせる、ということでしたが、
この広背筋を短く固めないための姿勢は、日本でよく言われるフレーズ、脇の下にたまごひとつをつぶさないようにあけて保つ、と同じと考えてよろしいでしょうか。

【回答】
肩の動きを理解することは、ピアノを演奏する上においても大変大切です。
こちらのご質問に関しましては、以下の3つの動きを理解することが必要となります。
1:腕の付け根をひねること
2:腕の付け根から腕全体を後ろに動かすこと
3:脇の下を開くこと
まず、「1:腕の付け根をひねること」ですが、この動きは”外旋(がいせん)”という動きです。小さく前にならえをした状態から、脇の下を開かずに、手の甲を外側に動かす動きです。関西の漫才の「なんでやねん」ってツッコミの動きですね。
次に、「2:腕の付け根から腕全体を後ろに動かすこと」ですが、この動きは”伸展(しんてん)”という動きです。小さく前にならえをした状態から、脇の下を開かずに、肘を後ろに突き出す動きですね。おニューのショルダーバッグを肩にかけて、手をバッグの底にかけて颯爽と腕を振って歩いている動きですね。
この1と2の動きを「同時に」できるのが広背筋です。
さて、「3:脇の下を開くこと」ですが、この動きは”外転(がいてん)”という動きです。
小さく前にならえをした状態から、脇の下を開き”つつ”、肘を前に出したり後ろに出したりと、結構マルチに働きます。この動きができる筋肉は三角筋(さんかくきん)であり、広背筋とは別の筋肉が担当します。
では、ピアノを弾いているときには、1と2の力も必要ではあるのですが、やはり3の力が必要です。C4とC8の鍵盤を落とすときには、上半身(=腕の付け根)と鍵盤の「物理的な距離」が全く違うためです。
この点から、広背筋で腕全体を後ろに引きつけておく力=2の意識よりも、三角筋で腕全体を前後に動かせるようにしておく力=3の意識が大切となります。
この点から「脇の下にたまごひとつをつぶさないようにあけて保つ」というイメージは使えるかと存じます。

 

 

 

 

0
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。