副鼻腔と、前頭筋や上唇鼻翼挙筋といった顔の表面の筋肉とのつながりについて

  • HOME »
  • 副鼻腔と、前頭筋や上唇鼻翼挙筋といった顔の表面の筋肉とのつながりについて

【質問】
副鼻腔と軟口蓋、なかなか全体像がイメージできなかったので、とても明確になって嬉しいです。
一つだけ、骨の中にある(動かない、鼻腔に細い管でつながっている以外は密室っぽいイメージの)副鼻腔と、前頭筋や上唇鼻翼挙筋といった顔の表面(骨の向こう側っぽいイメージ)の方の筋肉が動くこと、は何か直接的なつながりがありますか。
それとも、あくまで軟口蓋とか、口蓋帆挙筋・張筋と顔の表面の筋肉がセットで動いた結果副鼻腔を感じる、みたいな流れのものでしょうか。

【回答】
副鼻腔は「骨の内側の空間(隙間)」であり、筋肉等で動かす(=変形させる)ことはできません。その一方で、前頭筋や上唇鼻翼挙筋といった表情筋は「骨の外側に貼りついている」ものです。つまり、副鼻腔と表情筋は直接的なつながりはありません。
副鼻腔を「感じる」のは、お気付きの通り、
① 口蓋帆挙筋や口蓋帆張筋、および上咽頭収縮筋(じょういんとうしゅうしゅくきん)が適切にゆるみ、
② 軟口蓋が下がることによって咽頭(いんとう(≒ノド))と鼻腔が開通し、
③ 音波(=声)が鼻腔に伝わってゆき、
④ 鼻腔に満たされた音波が、鼻腔と副鼻腔をつなげる細い管の中を通過し、
⑤ 副鼻腔の中にまで音波が到達した時に
「感じる」ことはできます。
つまり、
「頬に振動を感じる」ためには軟口蓋の調節が不可欠なので、
「頬に振動を感じて!」という指導文言は、
咽頭の調節をさせるためのキューワード(=動作を引き起こすためのきっかけとなる言葉)
と解釈することができます。

1+
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。