口の開け方は、声を出す時に使う喉の筋肉や声帯に影響を与えますか?

  • HOME »
  • 口の開け方は、声を出す時に使う喉の筋肉や声帯に影響を与えますか?

【質問】
口の開け方は、声を出す時に使う喉の筋肉や声帯に影響を与えますでしょうか?
第九のソプラノパートの高いラを伸ばすところが上手くいかず困っていますが、口を縦に開けることを意識したら、高いラが伸ばせるようになりました。
ドイツ語の歌を歌う時、指導者の方から、発音の面で口を縦に開けて歌うように、と良く言われます。
私は意識しないと、日本語の発音は口を横に開いたままで発音するため、横開きで歌ってしまっていました。そうすると、発音もいまいちだし、高いラは、声帯が疲れるせいなのか、へたってどんどん続けて出せなくなっていきました。
昨日、たまたま縦に口を開けることを意識して歌ったら、何故か高いラが伸ばせるようになったので、口を開ける筋肉と、喉周辺の筋肉の使い方は何か関連していることがあるのだろうか?と思った次第です。

【回答】
口を縦に開けることは、すなわち下顎骨(かがくこつ)を引き下ろした結果です。
ところが、下顎骨を引き下ろす”専用”の筋肉は人体にはありません。
それでは、なぜ我々が口を開けることができるかと考えますと、

・舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)で引き下ろしている
・広頸筋(こうけいきん)で引き下ろしている
・噛む筋肉の力を抜いている

これらの条件をうまく揃えている結果といえます。

さて、この中で最も効率がよいのが、舌骨上筋群による引き下ろしですので、こちらを細かくみてまいりましょう。

① 舌骨上筋群は、下アゴの骨と舌骨をつないでいる筋肉です。
② その舌骨は、喉頭を吊り下げています。
③ その喉頭の中に声帯が張っています。
④ 高い声を出す時には、声帯の強い張りが必要です。
⑤ ④のためには、足場となる③喉頭の骨が安定していることがとても大切です。

この考え方に沿いますと、

⑥ ⑤喉頭の安定には①舌骨上筋群の力が必要です。
⑦ ①舌骨上筋群は下アゴを引き下げる作用も持ちます。

ということは、

⑧ 口を縦に開けるために⑦舌骨上筋群を使い、
⑨ その舌骨上筋群が喉頭の安定を促し、
⑩ 高音発声のための声帯筋の足場を準備した

と考えることができます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。