カルロ・ボスキ教授略履歴

  • HOME »
  • カルロ・ボスキ教授略履歴

カルロ・ボスキ(Carlo Boschi)

1981年よりイタリア音楽院の音楽史、音楽美学教授。フランチェスコ・モルラッキ音楽院(ペルージャ)、ジョアキーノ・ロッシーニ音楽院(ペーザロ)を経て、1986年から現在までラクイラのアルフレード・カゼッラ音楽院。Università Tor Vergata  トル・ベルガ-タ大学(ローマ)の文学・哲学部の客員教授(2012~2015)。著作にモノグラフィー Angelo  Mariani (アンジェロ・マリアーニ1988年)、 Karkheinz Stockhausen カールハインツ・シュトックハウゼン1989年)、Proverbi e Controverbi (諺と反諺2011年) ,Don Giovanni (モーツアルト作曲 ドン・ジョヴァンニ2017年)がある。

1984年にジャーナリスト名簿登録。ローマ・メッサジェーロ新聞の音楽評論(1984~1992年)を始め、音楽雑誌SuonoSud編集長、オンライン音楽雑誌Biblionet-Musica 、Alta-Fedeltà編集長。音楽雑誌Alfabeta 他、数多くの音楽論文、記事を様々な音楽雑誌に寄稿。SAT2000テレビ局のクラシック音楽番組Alta Fedeltà発案者、2008年まで出演。イタリア国営放送協会、バチカン放送、イタリア-スイス放送局の数々の音楽番組の制作者。

IZMEZ – Istituto per lo Sviluppo Musicale nel Mezzogioro (イタリア南部音楽発展機関)の創立者の一人。バチカン美術館内のコンサートのコンサルタント。ラクイラ、ワルシャワ、ストラスブール、ブカレストの音楽院共同プロジェクトRomanticismo in Europa (ヨーロッパのロマン派音楽)の責任者。“Gruppo Musica Insieme” “Ottetto Vocale Italiano” のバリトン歌手としてCD録音。イタリア国内外において多くの音楽祭、講演会に招待され講演を行う。ウルビーノ市のAccademia Raffaello ラッファエッロアカデミーの一員。イタリア音楽学会会員、イタリア・ジャーナリスト協会所属、日本音楽学会正会員

ボスキ教授レッスン風景2017年東京
ボスキ教授のレッスン風景2015年イタリア・ブラッチャーノ
ボスキ教授レッスン風景2016年イタリア・ブラッチャーノ
ボスキ教授レッスン風景2017年イタリア・ブラッチャーノ

受講生の感想

0
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。