1弦と4弦についての確認

  • HOME »
  • 1弦と4弦についての確認

【質問】
いただいた資料の左側、および講義の中で、1弦と4弦という形で説明されている内容があります。
ヴァイオリン族の楽器では一般的に、一番高い弦を1弦、一番低い弦を4弦と呼びます。
(楽器のスクロール/ヘッドを上にして、表板側正面から見た場合、一番右の弦が1弦、一番左の弦が4弦です。)
ヴァイオリンでは、4弦を弾くときは肘を上げて包みこむように弾き、1弦を弾くときは4弦の時に比べ肘を下げて弾きます。
Vc、Cbについては、1弦側が右腕から最も遠くなり、「1弦の時は外+前」、「4弦の時は内+後ろ」は素直に理解できます。
しかし、Vn、Vaでは4弦側が右腕から遠くなるので、資料の左のVn,Vlaの説明にて、「1弦の時は、腰のすぐ上を意識する」、「4弦の時は首の付け根を意識する」の箇所は、1弦と4弦が逆になっているように思いました。
私の理解は、間違っているでしょうか。

【回答】
確かに混乱が生じやすいところですね。
それではこのように考えてみてはいかがでしょうか。

<1弦について>

  1. 1弦、つまり地面に近い側の弦を弾くには、ご指摘ににあります通り、「肘を下げて」弾くことになります。
  2. ここで申します「肘」とは、解剖学では「上腕骨(=二の腕)の端」となります。
  3. ということは、1弦を弾く時は「肘を下げて弾く=上腕骨を下げる」こととなります。
  4. この「上腕骨を下げる」筋肉は、肩の関節の下側(お尻側)にある筋肉が使われます。
  5. 4.の動きをより確実にするためには、肩甲骨も下側に向けることが必要となります。
  6. 5.の動きをする筋肉が僧帽筋下部線維となり、この筋肉は第12胸椎、つまり腰のすぐ上にくっついています。
  7. 6.のことから、「腰のすぐ上を意識する」と表現いたしました。

<4弦について>

  1. 4弦、つまり地面から遠い側の弦を弾くには、ご指摘にあります通り、「肘を上げて包み込むように」弾くことになります。
  2. (肘に関しましては、1弦と同様に考えます)
  3. 「上腕骨を上げる」筋肉は、肩の関節の上側(首側)にある筋肉が使われます。
  4. 3.の動きをより確実にするためには、肩甲骨も上側に向けることが必要となります。
  5. 4.の動きをする筋肉が三角筋前部線維となり、この筋肉は僧帽筋につながってまいります。
  6. 5.の僧帽筋は、首の骨(頚椎)につながっています。
  7. 6.のことから、「首の付け根を意識する」と表現いたしました。

いかがでしょうか?

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Language

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入後Followボタンを送信して頂ければ、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: 申し訳ございません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。