賛助会員の募集

  • HOME »
  • 賛助会員の募集

賛助会員のご案内

一般社団法人Le Museは、その前身の任意団体Japan Italia Style Harmony の時から、世界に通じるオペラ歌手、若手音楽家を育てるために、各分野の第一人者であるイタリア人およびヨーロッパ出身の講師を迎えて音楽マスタークラスを国内外で行ってきました。過去の受講生からは、2017年日伊声楽コンコルソ第一位および歌唱賞受賞の工藤和真さんをはじめ、当声楽マスタークラスをきっかけにイタリア留学を決められた野上紗智さん(2017年/2018年度ローマ、トル・ヴェルガータ大学主催短期オペラコースに合格)、パルマ音楽院声楽コースに入学された方を始め、2018年には新たに3名の方がイタリアへ短期・長期で留学に来られる予定です。そして日本国内でも、声楽講習会終了後、東京二期会、藤原歌劇団、長野市民オペラ団体、福岡オペラ協会など、数多くの場所で活躍しながら、さらに後進の育成に力を注がれる歌手の方も多く輩出してきました。

                                   
   

 

 

 

 

イタリア人講師を迎え声楽マスタークラスを始めたのも、イタリアの音楽院生として、スポレート実験歌劇場の研究生として、そして仕事を通して多くの音楽家、音楽教育者と出会い、彼らから直接学ばせていただいた私自身のイタリアでの経験が基となっています。

日本国内の音楽教育、大学機関、音楽家、音楽団体のレベルの高さと活躍には目を見張るものがあります。
ですが、やはり本場でしか取りあげられない勉強科目を知り、イタリア・ヨーロッパが求める音楽家を肌で感じ、400年以上のオペラ史を持つイタリアから、長い西洋音楽史を持つヨーロッパの音楽家、音楽教育者からも学ぶこと、気づかされることも、まだ数多くのあると確信しております。そして、テクニックや流暢さも大切ですが、もう一歩上を目指すなら単に西洋人音楽家の真似をするのではない自己主張の大切さを感じています。                    

“あなたはどう表現したいのか”
”わたしは何を感じるか”
このような問いかけが行われる必要性、そしてもしかしたらこのような問いかけこそが、音楽をやる醍醐味なのではないではないかと。そしてこの問いかけこそが、当社団法人が主催するマスタークラスの意義であります。
勉強したい、上手くなりたい、自分の思いを自由に表現できるようになりたい、世界の舞台で活躍を志す若手音楽家に、そして日々後進の指導に力をそそぐ方のためにより多くの勉強・研究の機会を設けるために、皆様のご支援を賜ることが出来れば幸いと、賛助会員制度のご案内を申し上げる次第です。一般社団法人Le Museは非営利団体として認定を受けておりますので、私どもの活動・思いに賛同していただいた個人・法人の方からの賛助金は全て音楽マスタークラスそして遠隔授業など若手音楽家育成、音楽界の発展のために使わせていただきます。
今後とも、当法人らしい様々な活動を行うために、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人Le Muse パンフレット
賛助会員制度

0
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人Le Muse All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。